NABE

Steven Slate Audio VSX 買いました。

年が明け早三ヶ月今年も卒業のシーズンがやってきましたね。

おはこんばんちは、ナベです。

今回も機材のご紹介をしようと思います。と言っても届いて当日なのですが、、、タイトルにもある通り買っちゃいました。最近某SNSの方でも話題のSteven Slate Audio VSX。

当初は全く買うつもりはなかったのですが、エンジニアの方々がこれは買うべき、これが正解の音、これでミックスしたものが一番完璧…等、めちゃくちゃ好評価をされていて試聴したことはなかったのですが、自分の本能が、『買いなさい!!』と言っている気がして買ってしまいました。分割で。。。

どうゆう物かというと、物自体は単純にヘッドホンです。(普通にフラットな感じでした。)

このヘッドホンの特徴は、ソフトと組み合わせて使うことによりその真価が発揮されます。どんなソフトかというと、こちら!

ご覧の通り、スタジオのシミュレーションですね。こんな感じで10種類ぐらいのスタジオ、カーステ、ラジカセ、ヘッドホンのシミュレーターが入っており、一つのヘッドホンで幾つもの環境をすぐに再現できるというもの。

なんだか凄そうですよね。。はい、凄いんです。

まだぼくも今日届いたばかりなので慣れてはいないのですが、軽くミックスしてみました。そしてヘッドホンを買う前のミックスと聴き比べてみると、VSXでミックスした方が断然いい感じでした。

いつものモニター環境だと、切りすぎてしまう部分、あげすぎてしまう部分が減ったからだと思います。これが正解の音、という意味が少しわかった気がする。。。。変わりすぎて正直まだ掴めてはいませんが。

ヘッドホンでミックスしているというよりかは、スピーカーで作業しているような感覚。。シミュレーションですもの、そりゃそうか。

良いモニター環境で作業されている方には必要はないと思いますが、自宅での作業や、モニター環境に困っている人にとっては最強のアイテムになるのでは?

ましてや6万円でそれが手に入ると考えたらとても良い買い物だと思います。

また慣れてきた頃に再度VSXについて書けたらなと思ってます。

では今回はここまで!See You!