アシスタント道

[初めましてのご挨拶]

皆様初めまして。

Mimoroのナンバーワンドアボーイ、松田悠(だゆーとお呼びください)です。

『2019年はブログの更新を!』

とのMimoroのボス、SUJINさんの指令の下このブログに参上させていただきました。

まずは手始めに自分のことについて少し。

↓簡単に3行でまとめます↓

One Shot Riot という大阪のポップパンクバンドにてBASSとCHOを担当しております。

スパイスカレー屋さんで働いています。(とても美味しい素敵なお店です)

Mimoro (ESAKA MUSE RECORDING STUDIO)の沢山いるアシスタントメンバーの一人です。

こんな感じの生活を送っている平成9年生まれの丑年でございます。

現体制でのレコーディングチームの立ち上げ時の4人のうちの一人です。

ちなみに立ち上げメンバーは

・SUJIN (ボス)

・KEIDO (河童ちゃん)

・DAYU (ドアボーイ)

・KOKESSSI(盛り塩ガール)

のとてもとてもとても個性的な4人

ドアボーイだけパンチで負けてる感じがします。

ドアボーイに成ったきっかけは3年前、専門学校1年生の時のこと。

エンジニア志望で音響に入った自分にSUJINさんが

『レコスタを立ち上げ直すから一緒にどうか?』

と声をかけてくださったのが最初の始まり。

あの時は本当に嬉しかったなとノスタルジックですです。

本当に沢山のことを在学中にボスにはやらせていただきました。

ヤフオクとインパクト、ノコギリと塗装のやり方は完全に自分の物にしました。

これだけ書くと全然音楽関係なさそうでごめんなさい。

でもそれだけ立ち上げ時の4人の色んな思いが沢山沢山、

形として残っていたり。

形じゃない形で残っています。

そういうことを言葉で伝えるのはとっても難しいですね。精進します。

さてさて。

そんな見えたり見えなかったりする不思議で素敵なMimoroにはなんと!

仲間がまたまた増えました!すごい!

気がついたら新人ではなくて先輩になってしまいました。

嬉しいことですね。

新しいチームで2019年の始まりから新しい形を残しています!

そんな伝わりにくい何かをしっかりと伝えていきたいなと。

そういう思いでしっかり皆様のドアフォローをさせていただいております。

録音に来られるアーティスト様には、なんだかよく分からない暖かさを感じていただきながら

自分らしい最高にかっこいい音源を製作できるようにチーム一同尽力いたします。

最後にはなりますが、2019年も何卒!

Mimoroをよろしくお願いいたします!!!

Mimoro ドアーボーイ DAYU